オーダー家具を作りたい!大きさはどんな風に決めるの?

どんなサイズの家具を作るのか

憧れのオーダー家具に挑戦となるととても楽しみになると思いますが、どれぐらいの大きさで作るのかも考えておく必要があります。定番はテーブルや椅子ですが、大体これぐらいという程度だと実際に作ってもらったものを置いてみたら使いにくかったということも出てきます。オーダーの良さは好きなデザイン、大きさにできるということですが、その分きちんと使う場所のスペースを考えておかないと、大きすぎても小さすぎても困ってしまうのです。家具そのものの大きさだけではなくて、壁や他の家具類との動線なども考えて細かく決めていく必要があります。悩む時には依頼する業者に聞いてみると寸法の測り方なども教えてくれるので、じっくり必要なスペースを計測していきましょう。

ぴったりの家具を作ろう

オーダー家具で家の雰囲気や場所の広さに合うものが作れるわけですが、実際に製作に進める前に寸法やデザインを入念に決めていく必要があります。業者との綿密な打ち合わせが欠かせませんので、自分たちで測定するだけでなくお店を既に決めているのであれば、業者側に測定してもらうという手もあります。細かくこだわっていくとその分だけ料金は上乗せされますが、自分たちにとってより特別な家具になることは間違いありません。見た目だけではなく、うっかりしたような適当な寸法だと安全性が低下するので注意が必要です。何回でも丁寧に計測して、その上で素材も実際に自分たちの目で見ておき、製作の作業に進んでもらうようにしましょう。

憧れのオーダー家具。作りたい家具の形や寸法が明確なら作成もスムーズですが、なかなかイメージが湧かない場合はインテリアコーディネーターに相談する方法があります。家具の配置の相談もできます。