結婚式場はどう選ぶ?忘れがちだけど押さえておきたい2つのポイント

雨の日、寒い日、風の強い日などを想定しよう

一生に1度の晴れ舞台だからこそ理想の結婚式場を選びたいものです。まず式場選びの基本として、条件を書き出すことが挙げられます。理想の結婚式場の条件を書き出し、立地や収容規模などに合う式場を探すのが一般的でしょう。しかしその際、ほとんどの方が「晴れの日」かつ「風のない日」を想定しています。

特に「ジューンブライド」と呼ばれる6月の挙式では梅雨まっただ中のため、雨の日の想定は欠かせません。バルーンリリースやフラワーシャワーなどの屋外でのセレモニーは、天候によってイメージが異なるため注意が必要でしょう。見学に訪れる際は、積極的に雨の日や強風の日を選んでみると良いですね。特に注意しなければならないのが、風です。綺麗にセットした髪も強風で乱れてしまい、写真写りを気にする参列者もいるでしょう。悪天候時の対応について事前に確認しておくと安心です。

5年後、10年後も残っているか

結婚式は一生の思い出となる人生の節目です。その結婚式を挙げた場所は、やはり特別な場所として記憶に残ります。中には、結婚記念日には毎年挙式した結婚式場でお祝いをしている、という方もいるでしょう。しかし、結婚式場の中には挙式して数年後には、残念ながらなくなっているというケースもあります。結婚式場に限らず、思い出の場所がなくなるというのは切ないものですよね。結婚式を挙げた式場は特別な場所として思い出に刻まれるだけでなく、その後5年後10年後と残り続ける場所であって欲しいものです。式場としてだけでなく、人生の節目節目に利用することを想定しておくのも、式場選びのポイントの1つと言えるでしょう。

大阪の結婚式場」とは、大阪周辺にある結婚式場のことを指します。予算や招待する人数、挙式や披露宴の様式によって好きな会場が選べます。