どうしたらいい?もっと二人らしくを実現するウエディングプラン

変わったことをするのが前提ではない

結婚式は二人らしさが映る鏡のようですよね。自分たちが好きなものを知ってもらう場、自分たちが真剣に選んだものでおもてなしをする場などの考え方が、プランニングをする上でのポイントになりますよ。素敵な結婚式にしたい、ゲストに喜んでもらえるようなおもてなし演出をしていきたいとプランニングしていく中で、二人らしさを引き出すために何か変わったことをしなければならないと考えがちになってはいませんか。本当はどんな定番の演出やプログラムでも、二人が理由をもって心から楽しんでいれば、そこに二人らしさがちゃんと生まれてくるでしょう。肩の力を抜いて、二人でよく相談することが大事ですよ。ゲストが楽しんでくれることを意識するあまりに、忙しい顔や難しい顔をしていては逆効果になります。二人が幸せそうで、これからを応援したくなるようなウエディングというのが二人にとっても、ゲストにとっても価値のあるものとなるでしょう。

二人らしさをだせる定番おもてなし演出

実際の演出にはどんなものを取り入れていけばいいのかといえば、たとえば、新郎のウエルカムスピーチなどもいいでしょう。出席してくれたゲストへのお礼はもちろん、挙式の報告や、これから行うパーティへの思いなど、どうぞよろしくという内容でさわやかにキメるといいですよ。また、パーティの目的の一つには、二人のことを知ってもらうというものがあります。趣味や特技を披露する中で、二人の普段の様子が垣間見えることもありますよ。ほかにも、キャンドルサービスも近年は、キャンドルの色や形も実に豊富で、心ときめくアイテムの一つになっていますので、こうした定番演出でも個性を発揮することはできるでしょう。

大阪の結婚式場では、費用の異なる豊富なプランを用意しており、プランナーとの打ち合わせを通して予算に合ったプランを選べます。