日本人ならではの和婚用の衣装がいっぱい!どんな花嫁姿になりたいですか?

白無垢だけではないんです!

和装で行われる神前式の原型は、大正時代には出来上がっていたと言われています。伝統的なスタイルに見えて、意外に新しいタイプの結婚式なんですよね。和婚用の花嫁衣装には複数のタイプがあるので、その中から自分好みのものを選びましょう。清浄な白無垢が一番有名ですが、この他にも鮮やかで着物の色や柄などを堪能できる色打掛や、裾を引きずって歩く姿が特徴的な引き振袖も人気です。引き振袖のうち、落ち着いた大人の女性の魅力を引き出せる黒いカラーが特徴的な黒引き振袖も注目されています。色打掛は挙式用というよりは、どちらかというとお色直し用の衣装というイメージを持たれがちですが、実際は白無垢とは同等の存在なんですよ。振袖は本来未婚の女性用の礼装なので、これを結婚式の日に着て独身時代を締めくくるというのも素敵ですね。和婚では主にこの三種類の衣装が用いられますが、中には十二単を選ぶカップルもいます。

婚礼衣装を選ぶ時に考えておきたいことは

白無垢を挙式用に選ぶ場合は特に問題はありませんが、色打掛や引き振袖を着る場合は会場の雰囲気なども考慮した方がいいでしょう。会場と統一感がある方が花嫁姿もよりきれいに見えます。髪型を考える時には、会場と衣装のバランスを考えて正統派のスタイルにするか、現代的なアレンジを加えるか考えるといいですよ。婚礼衣装にはおめでたい吉祥文様が色々と使われていますが、デザイン的な好みだけではなくその文様に込められた意味も大事にしてくださいね。

結婚式場を神奈川で探すならば、事前の下見が重要です。各結婚式場に予約をして見学するか、ブライダルフェアを利用します。